法要の「法」とはお釈迦さまの教えです。その教えのかなめが形として整えられたのが法要です。
「施餓鬼会」という法要は、別名「施食会」とも言われます。
祭壇中央の施餓鬼棚と呼ばれる祭壇には、有縁、無縁、すべての「みたま」に施す食べ物、飲み物がお供えしてあります。
それだけではありません。お参りなさる方々の尊い真心がお供えしてあるのです。
祭壇中央の「三界萬霊塔」という大きなお位牌には沢山の「みたま」が集まってまいります。

三田霊園にご縁のある方々のご先祖さまをはじめ、有縁、無縁、一切の「みたま」にお釈迦さまの教えと、お供物を施し、供養をうける「みたま」も、供養をされる方々のお心をも満たすことのできる法要が「施餓鬼会」でございます。
この法会により、施しの大切さを知り、皆がともに生きていく幸せを感じていただきたいと思うのです。

 
   

 

 

大施餓鬼お盆塔婆供養法要 山門大施餓鬼法要