◇住職の部屋
   
 
   
  2012年9月26日更新

平成24年9月6日 龍谷ミュージアム・ガンダーラ佛取材

龍谷ミュージアムは、仏教を中心とする文化財を展示、公開している日本初の仏教総合博物館です。 展示では、インドでの仏教の誕生からアジアへの広がり日本の仏教の展開までを知ることができます。
また今回もご縁をいただきました。
今夏、お盆行事の参列の方から取材申し込みの依頼をいただきました。 伺うと龍谷ミュージアムの学芸員をしているとのこと。
この日は 龍谷ミュージアム館長・宮治昭 先生をはじめ5名の学芸員が来山され、 妙高閣のガンダーラ展示室の石仏をすべて調査していただきました。
大きさを計測し記録、写真撮影。 皆さん手慣れた様子で調査は進められてまいります。
撮影の際には、展示室内の光量不足など不測の事態もありましたが、 午前10時から夕方4時までの取材、 たくさんの資料を持ち帰られたことと存じます。
皆様、お疲れさまでした。

  ガンダーラ佛取材 ガンダーラ佛取材
  ガンダーラ佛取材
ガンダーラ佛取材
ガンダーラ佛取材
  ガンダーラ佛取材
   
   
  2012年9月18日更新

平成24年9月1〜2日
兵庫県第一宗務所主催現職研修会(所長 鈴木祥三老師・三田市永禅寺)

兵庫県第一宗務所館内(兵庫県南部)より83名の現職僧侶が参集し現職研修会が開催されました。昨年に引き続き当山を会場として開催され、開講式では会場主としてご挨拶させていただきました。
講義内容は次のとおり  
講義 回向文について 兵庫県妙香寺・幣道紀 老師(曹洞宗近畿管区教化センター統監)
講義 グリーフケア 社会医療法生長会府中病院臨床スピリチュアルカウウンセラー 瀬良信勝 先生(大谷派僧侶)

  現職研修会
開講式
現職研修会
開講式(中央・鈴木祥三老師)
  現職研修会
講義 幣道紀老師
現職研修会
講義 瀬良信勝先生
   
   
  2012年6月13日

平成24年5月9日 福岡県・卍山会 来山

博多・東林寺開祖・卍山道白禅師に連なる寺院住職が来山されました。
当山が平成6年に厳修した開祖・通幻寂霊禅師600回大遠忌に 焼香師を勤めていただいた梅田信隆禅師は同寺の前住職になります。
ご遠方からの来山にかかわらず、到着後すぐに拝登諷経を勤められ、 この後、書院にてお茶を一服しながらしばし歓談いたしました。
諸堂をご案内し、妙高閣前にて記念撮影です。

  福岡県・卍山会 福岡県・卍山会
   
   
  2011年11月2日

平成23年10月25日 鳥取県宗務所寺族研修会 30名

鳥取県寺族会(寺庭婦人の会)が当山を訪れました。
一泊二日の日程で兵庫県南部を巡る旅程、今回の研修会メイン会場としての来山です。

到着後すぐに「拝登諷経(般若心経)」
続いて、「山主法話」
当山の歴史や開祖・通幻禅師を紹介、しょうぶ園や三田霊園の成り立ちや、諸仏を勧請した体験談など約30分間、お話させていただきました。

その後、本堂、開祖堂、妙高閣の「諸堂拝観」 少し足を延ばして永代供養墓「寂静苑」も見学いただきました。
道中、歩きながら、各寺院さまの布教などの取組みの様子を聞かせていただくこともできました。
滞在時間は約2時間、
「もっと時間があればゆっくりできるのに…」というお声も多く、時間が短く感じられるほど充実した研修会になったのではないでしょうか。
ご来山、ありがとうございました。           合掌

   
 
ガンダーラ仏を熱心に見入っておられました

永代供養墓も熱心に見学
 

集合写真
   
   
  2011年9月16日

平成23年9月3〜4日
兵庫県第一宗務所主催現職研修会
(所長 三田市・永禅寺 鈴木祥三 老師)

兵庫県第一宗務所管内(南兵庫県)より96名の現職僧侶が参集し、研修会が開催されました。
かっては修行道場であった当山ですが、これほどの僧侶が集まったのは何十年ぶりかのことです。
開講式で会場主としてご挨拶させていただきました。

講義内容は次のとおり。
 講義  回向文について      兵庫県 妙香寺 幣 道紀 老師
 講義  現代社会における諸問題  立命館大学 神戸大学非常勤講師 社会学者 伊田宏行 先生

 

開講式の様子
   導師を勤めた鈴木所長老師
 

講義風景
   
   
  2009年9月24日

歴史作家、津田三郎氏来山

 9月8日、「家康誅殺」「秀吉の悲劇」「北政所」などを著されている津田氏が来山されました。
 当山213世直傳龍察和尚について知りたいとのことでしたが、当寺の12世から251世までは1年毎に住職が代わる輪住時代であり、個々の住職についての詳細は遺されておらず意に添えませんでしたが、当山にとっては貴重な出来事が確認できた来訪でした。
 京都東山に観光寺院として親しまれている臨済宗建仁寺派の高台寺があります。この寺は曹洞宗寺院として開かれ18年間続いた後に臨済宗に変わりましたが、曹洞時代の5代目住職に就かれたのが直傳龍察和尚であります。
 当山寺宝に北政所より拝領の「沈金蒔絵法衣箱」があります。
「なぜこんな貴重な品が伝わっているのだろう」と不思議に思っておりましたが、津田氏より次のような話を伺いその経緯を知ることが出来ました。
 高台寺は豊臣秀吉の妻北政所が秀吉一族木下家の菩提を供養するために開かれた寺と云われています。
 北政所は高台寺を開くに当たり生家の菩提寺が尾張の正眼寺であったため、同寺に縁の深い弓箴善彊和尚を迎え開山とされたのです。
 正眼寺は通幻禅師7番目の弟子であり当山8世を勤められた天鷹祖祐禅師が師である通幻禅師を開山として開かれた寺で、天鷹派から当山213世に就かれた直傳龍察和尚が高台寺住職を勤め、その間に北政所から法衣箱をいただき永澤寺に寄贈され寺宝として今日に伝わっているのです。
高台寺は7代目住職まで曹洞宗でしたが、北政所の甥が建仁寺で出家しており後を継がせるため、徳川秀忠より臨済宗に改宗することを許された3日後に亡くなっていますが甥の紹叔は臨済2代目住職に就いております。
永澤寺歴代住職の中に豊臣秀吉の正室である北政所と同じ場所で過ごし、親しく話を交わし記念の品までいただいた方が居られたかと思うと、遠い歴史上の人物が身近に感じる津田氏のお話でした。

   
  2007年10月26日
10月10日 北川敏彦さんが来山されました

兵庫県養父市大屋「木彫展示館」では、
毎年「木彫フォークアートおおや」が催され、
全国から木彫作品を募集しています。

高校時代からの友人である
丹波市・北川敏彦氏は
定年後、木彫に取り組まれており
本年、前述の作品展に出展、みごと入賞されました。

今年7月初旬「彫刻のモデルになってほしい」と北川氏から
依頼をうけて、副住職が警策を手にした姿を
前後、左右、そして真上からも写真におさめて彫刻にのぞまれました。

タイトルは「喝 〜ゆがんだ現代社会に喝を入れる〜」
この秋、県内の彫刻展でご覧いただけるかも知れません。

この作品では、ゆがんだ現代社会が球状の物体で表現されていますが、
さて、皆さん方は「何に喝を入れるべきだ」とお考えでしょうか?

   
  2007年7月10日
平成19年7月3日 京都府宗務所檀信徒研修会
主催 京都府宗務所
   (所長 普門寺住職 梅原正弘 老師)
   京都府宗務所護持会(会長 吉田敏男)

京都全域から各寺院の総代さんや護持会の方々、各寺院住職(36名)総数420名が当山を訪れ、研修会が行われれました。

参加人数が多く、行き届かずにご不便をお掛けしたことと思います。
参加者の皆さんは熱心に取り組んでおられ、
粛々と行事が行われていました。
大変有意義な研修となったことでしょう。



------------------------------  
≪日  程≫

10時30分 開講式、坐禅

11時00分 人権学習 
         講 師 丹波市・達身寺住職・渡邊健臣老師

12時00分 昼 食

13時00分 法  話  
         講 師 当山住職・渡邊義弘 

14時30分 山内見学・花しょうぶ園見学

15時30分 下山 
 
2006年8月28日
8月27日
曹洞宗山口県宗務所主催(青年会共催)
徒弟研修会を当山にて開催。
8月26日午後2時上山
  27日午前9時下山
参加者23名  大人11名(僧侶7名含む)
        子ども12名

今回は小さなお子さんが多かったようでお寺での生活に少し緊張気味。
朝夕のお勤め、坐禅にくわえ
そば道場で「そば打ち」も体験しました。

昨年、大本山總持寺に宗務所長老師ご上山のおり、来年は永澤寺で…と約束してのご来山でした。
 
 
 
2006年4月19日
4月19日 先住忌を修しました。
当山273世・仙巌秀雄大和尚(渡邊秀雄先代住職)の17回忌法要を 篠山市・清泰寺住職・岡山泰寛老師を焼香師(導師)にお迎えして厳修いたしました。
法要には特に生前親交の深かった寺院さま、法縁の方々、当寺檀家総代、親族が参列。
岡山老師は「先代住職が私に僧侶になる道を開いてくれ、修行を勤めることができた。
先代住職は私にとって大いなる恩人です。」とご挨拶され、
参列者一同、先代住職を偲ぶひとときを過ごしました。
 
2006年3月28日
3月28日 午前11時 本堂屋根改修工事完成報告法要を営修しました。
平成16年9月の台風16号により被災した本堂大屋根の改修工事は、工期一年5カ月をかけてこの程めでたく完成の運びとなりました。
これ一重に、改修工事にご協賛いただいた方々、瓦奉納いただいた皆さま方の絶大なるご支援の賜物と感謝申し上げます。
工事関係者、特別寄進者、檀家総代参列の上、お披露目を兼ねて法要は盛大に修することができました。
法要後、施工業者・大匠建設さん(神崎郡)に感謝状と記念品を授与いたしました。
 
過去の住職の部屋
 
 
2004-5年の住職の部屋
2003年の住職の部屋
2002年の住職の部屋
2001年の住職の部屋
   
 
 
 
  Copyright(c)youtakuji.net.All Rights Reserved.
giko@youtakuji.net