山門大施餓鬼法要

 

 

供養のこころ

施餓鬼法要はご本尊の向かい側に祭壇を設け、お堂の外側に向かい法要を勤めます。
施餓鬼棚(祭壇)の中央に「三界萬霊塔(三界のあらゆるみ魂をお迎えする位牌)」をお祀りし、生菜、乾菜、水の子、浄飯、浄水などをお供えします。

  施餓鬼法要
施餓鬼法要  

本堂入り口に消毒液を準備し、手指の除菌、堂内ではマスク着用をお願いしました。

座布団を敷いてソーシャルディスタンスを確保、式次第の変更はせず従来通り法要を勤めました。

お盆の行事は

親から子へ、そして孫へ、供養の大切さを伝えます
山門施餓鬼法要
 
三拝ののち鼓・鐃鉢を打ち鳴らし法要の始まりを告げ知らせます
施餓鬼法要   施餓鬼法要
   

法語 導師は供養の言葉をささげます

施餓鬼法要   施餓鬼法要
施餓鬼法要   施餓鬼法要
施餓鬼法要   施餓鬼法要
施餓鬼法要   施餓鬼法要
 

山門大施餓鬼法要、戦災精霊供養法要を勤めたあと
住職が挨拶をさせていただきました。
初盆を迎える精霊のための初盆施餓鬼法要は
この日の午前中、そして挨拶の後に続いて勤めました。

 
 
 
寂静苑墓前大供養法要
 
本堂での法要のあと、寂静苑に移動して墓前法要を修営しました。
     
施餓鬼法要
施餓鬼法要   施餓鬼法要
 
     

 

戻る